映画「ウスケボーイズ 」
大ヒット御礼舞台挨拶決定!

2018年11月05日

11月6日(火)東京・「新宿武蔵野館」にて、19:35の回上映前に、和泉元彌、出合正幸、竹島由夏、寿大聡、柿崎ゆうじ監督を招き、大ヒット御礼舞台挨拶することが緊急決定いたしました!

また「新宿武蔵野館」では、映画「ウスケボーイズ」をご覧になったお客様が、チケットの半券を応募すると、
抽選でウスケボーイズのワインが飲めるキャンペーンを実施しています。試飲会場では、
柿崎監督と豪華出演俳優とのミニトークショーも同時開催を予定しております。
詳細はこちらhttp://kart-entertainment.co.jp/1120)をご覧ください。

 

【新宿武蔵野館 大ヒット御礼舞台挨拶 概要】

<日 程> 11月6日(火)

<時 間> 19:35の回 ※上映前舞台挨拶付き

<場 所> 新宿武蔵野館 (東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野ビル3F)

<登壇者> 和泉元彌、出合正幸、竹島由夏、寿大聡、柿崎ゆうじ監督(予定
※登壇者は予定につき、予告なく変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

<料 金> 通常料金 / 全席指定席
※前売券はオンライン販売では使用不可。劇場窓口販売時のみ使用可。

<発売日> (オンライン販売)(劇場窓口)発売中

<販売方法> ※本舞台挨拶回のチケットはPC・携帯などによるインターネット販売、及び上映2日前より
劇場窓口にて販売いたします。電話でのご予約は受け付けておりません。
※チケットが完売次第、販売を終了します。
※チケットのご購入後の変更、払い戻しは致しません。
※特別興行につき、株主優待券(証)株主優待割引・招待券はご使用になれません。
※場内でのカメラ(カメラ付き携帯を含む)、ビデオにより撮影・録音・録画は固くお断りします。

 
 

<ストーリー>

「教科書を破り捨てなさい」

岡村(渡辺大)、城山(出合正幸)、高山(内野謙太)、上村(竹島由夏)、伊藤(寿大聡)は「ワイン友の会」の仲間で、集っては世界中のワインを嗜んで蘊蓄を語り合っていた。ある夜、日本のぶどうを使ったワインがフランスワインより美味しいはずがないと決めつけていた彼らは、仏 VS 日本ワインでブラインドのテイスティング会を開催する。予想は外れ、世界に通用する「桔梗ヶ原メルロー」の存在を知った彼らは、この世界レベルのワインを生んだ麻井宇介(橋爪功)に憧れ、ワイン用のぶどう栽培は困難と言われたこの日本の地で麻井の思想を受け継ぎながら常識を覆すワイン造りに没頭していく。しかし、ぶどう畑は大雨・雹・病害などに見舞われ・・・。果たして、日本のワインに革命を起こすことはできるのか?

実話をもとに描かれたウスケボーイズ の物語。

 

 

渡辺大

出合正幸 内野謙太 竹島由夏

金子昇 寿大聡 須田邦裕 上野なつひ

升毅 萩尾みどり 清水章吾 岩本多代 柴俊夫 田島令子

小田島渚 大鶴義丹 柳憂怜 伊吹剛

和泉元彌 伊藤つかさ 安達祐実 橋爪功

エグゼクティブプロデューサー:柿崎ゆうじ プロデューサー:古谷謙一 前田茂司

原作:河合香織『ウスケボーイズ  日本ワインの革命児たち』小学館

監督:柿崎ゆうじ

主題歌:Yucca『風の未来』テイチクエンタテインメント

脚本:中村雅 音楽:西村真吾 ラインプロデューサー:善田真也 キャスティングプロデューサー:伊東雅子

撮影:北信康(J.S.C.)

照明:渡部嘉 録音:小林圭一 美術:泉人士 編集:神谷朗 音響効果:西村洋一 記録:高橋久美子

スタイリスト:前田勇弥 助監督:山口将幸 制作担当:柄本かのこ VFXスーパーバイザー:太田垣香織

製作協力:エーチームアカデミー ビーテックインターナショナル オーガニックレストラン・セタ

制作プロダクション:楽映舎 企画・製作・配給:カートエンターテイメント

宣伝プロデューサー:廿樂未果 配給協力:REGENTS

2018年/102分/シネスコ/5.1ch

©️河合香織・小学館 ©️2018 KartEntertainment Co., Ltd.